トルコ首都で自動車爆弾爆発、28人死亡・61人負傷

夕方のラッシュアワーに自動車爆弾が爆発

[アンカラ 17日 ロイター] - トルコの首都アンカラで17日、自動車爆弾が爆発し、28人が死亡、61人が負傷した。副首相および政府報道官が明らかにした。

爆発が起きたのは、夕方のラッシュアワーと重なる現地時間の午後6時半(日本時間18日午前1時半)過ぎ。現場は軍司令部や議会、官公庁が集まる地区で、爆発は停められていた軍用バスのそばで発生した。

犯行声明は出されていない。

首相府の高官によると、ダウトオール首相は同日ブリュッセルに向かう予定だったが、急きょ出発を見合わせた。エルドアン大統領も、アゼルバイジャンへの訪問を延期した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT