トルコ首都で自動車爆弾爆発、28人死亡・61人負傷

夕方のラッシュアワーに自動車爆弾が爆発

[アンカラ 17日 ロイター] - トルコの首都アンカラで17日、自動車爆弾が爆発し、28人が死亡、61人が負傷した。副首相および政府報道官が明らかにした。

爆発が起きたのは、夕方のラッシュアワーと重なる現地時間の午後6時半(日本時間18日午前1時半)過ぎ。現場は軍司令部や議会、官公庁が集まる地区で、爆発は停められていた軍用バスのそばで発生した。

犯行声明は出されていない。

首相府の高官によると、ダウトオール首相は同日ブリュッセルに向かう予定だったが、急きょ出発を見合わせた。エルドアン大統領も、アゼルバイジャンへの訪問を延期した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。