オラクルは"クラウド王者"アマゾンに勝つか

ナンバーワン戦略を掲げる杉原社長を直撃

――クラウドでは、オンプレミスでのデータベースソフト事業のような高い利益率を維持できないとの見方もある。

そうは考えていない。たとえばセールスフォースは、セールスオートメーションなどPaas(プラットフォームのクラウド)中心のクラウド事業を展開しているが、このベースとなっているのはオラクルの技術だ。

オラクルは自社技術でクラウドを展開していることに加え、クラウドはストックビジネスなので、継続的にお客様にお使いいただくことでコストをかけずに売り上げが上がるため、利益率は高くなる。

米オラクルCFOのサフラ・キャッツによると、2016年度のクラウド事業のマージンは40%~60%となる見込みだ。その後、2年程度で80%まで向上させるという。クラウド比率が増えたからといって、今より利益率が落ちるということはないとみている。

アマゾンに勝てるのか?

――「クラウドNo.1」を実現する上で、圧倒的な存在となっているアマゾンのAWS(アマゾン ウェブ サービス)からトップシェアを奪うことは難しいのでは?

トップになれない分野もあるかもしれないが、重要な分野ではトップに立ち、総合的に「エンタープライズ・クラウドと言えばオラクル」と呼ばれるようになる。

すぎはら・ひろしげ●1960年12月生まれ。EMCジャパン、シスコシステムズ、日本ヒューレットパッカードなどを経て、13年10月米オラクル シニア・バイスプレジデントグローバル事業統括に就任。14年4月より現職。

皆さん「AWSはすごい」とおっしゃるが、日本においてAWSがどれだけの売り上げがあるのかは公表されていない。

AWSはクラウドの開拓者としてリスペクトしているが、同社がIaas(インフラのクラウド)で大きなシェアがあると言っても、調査会社などの予測値しかない。クラウドの性格上、サーバーなどハードのように「何台売れた」というような単純な指標ではシェアを測ることができないという難しさもある。

また、われわれは、AWSの顧客の多くにオラクルデータベースを使っていただいているという点で、共存共栄していけるとも考えている。

会社にはそれぞれの強みがある。企業向けのITサービスのどの部分をどのプレイヤーが担うのかは、これからが見どころだ。いずれにせよ、オンプレミスのプレイヤーがクラウドに既存の技術を転用していき、同時にクラウド専業のプロバイダーが活躍することが、日本におけるクラウド市場を育てるという意味で重要だと考えている。

                         (撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT