高さ36mの毛沢東像は、なぜ撤去されたのか

インターネット上で広がった直後に撤去

 1月9日、中国河南省通許県の村で、中華人民共和国建国の父とされる故毛沢東主席の巨大な像が当局によって撤去された。この像は複数の企業家が300万元(約5400万円)近くを拠出したもので高さは36.6メートル、表面は金色に塗装されていた。写真上が4日撮影、写真下は同じ場所で9日撮影(2016年 ロイター)

[9日 ロイター] - 中国河南省通許県の村で、中華人民共和国建国の父とされる故毛沢東主席の巨大な像が当局によって撤去された。この像は複数の企業家が300万元(約5400万円)近くを拠出したもので、高さは36.6メートル、表面は金色に塗装されていた。

この像の写真がインターネット上で広がった直後に撤去となった。

国営メディアによると、地元政府は、この像が許可などを受けていなかったため撤去されたと説明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。