高さ36mの毛沢東像は、なぜ撤去されたのか

インターネット上で広がった直後に撤去

 1月9日、中国河南省通許県の村で、中華人民共和国建国の父とされる故毛沢東主席の巨大な像が当局によって撤去された。この像は複数の企業家が300万元(約5400万円)近くを拠出したもので高さは36.6メートル、表面は金色に塗装されていた。写真上が4日撮影、写真下は同じ場所で9日撮影(2016年 ロイター)

[9日 ロイター] - 中国河南省通許県の村で、中華人民共和国建国の父とされる故毛沢東主席の巨大な像が当局によって撤去された。この像は複数の企業家が300万元(約5400万円)近くを拠出したもので、高さは36.6メートル、表面は金色に塗装されていた。

この像の写真がインターネット上で広がった直後に撤去となった。

国営メディアによると、地元政府は、この像が許可などを受けていなかったため撤去されたと説明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。