メガ生保も巻き込む大再編に発展も? 損保ジャパン・日本興亜統合でも収益拡大不透明


 一方、追随する形で統合を決めた損保ジャパン・日本興亜には、新たな収益策が見えにくい。今後、事務の共通化などでシステム費用を2~3割削減し、そこから捻出した経営資源を海外事業へ振り向ける青写真を描いている。しかし、これまで両社が海外展開において業界内で優位性を発揮してきたわけではない。将来の2社合併は視野に入れておらず、統合後にバックオフィスの共有化を進めても、個社(フロントオフィス)での独立性にこだわるかぎり、統合効果は限られそうだ。

売り上げの拡大シナリオが必要とされる中、今後は第一生命との関係が注目される。損保ジャパンと第一生命は昨年、両社子会社への相互出資を通じ提携を強化した。目下、相互の商品販売や紹介を拡大しているようだ。となれば、統合会社が提携関係をさらに進め、第一生命の市場を開拓する方策も十分に考えられる。メガ損保の戦いは、業界の枠を越えた連合形成にも発展しそうだ。

損保ジャパンの詳細はこちら

日本興亜損保の詳細はこちら


(筑紫祐二 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT