学校が壊れる
増える授業時間、のしかかる部活動…。「子どものため」と酷使され、過労死ラインを超える残業が常態化する教員たち。もはや改革は待ったなしだ。
(本誌:中島順一郎、富田頌子)
トレンドライブラリーAD
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
東洋経済オンライン有料会員のご案内