前田 晃介
ファイナンシャルプランナー

1988年生まれ。高知県出身。大学在学中にファイナンシャルプランナーで独立することを決意。大手不動産管理会社、ファイナンシャルプランナー会社を経て起業。現在、一般社団法人日本セカンドオピニオン協会の代表理事、マーケティングや動画制作、SNS戦略の立案などを行う株式会社ドリームアシスタントの代表取締役、お金に関する悩みをワンストップで解決するEverSide株式会社の取締役を務める。 保有資格は、1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP®、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者。趣味はフットサルと釣り。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT