ジェームズ・C・クリミンス James C. Crimins
DDBシカゴ チーフ・ストラテジック・オフィサー

世界第2位の広告代理店グループであるDDBにおいて27年間にわたり、主にDDBシカゴのチーフ・ストラテジック・オフィサーを務める。また、世界的なブランドとして知られる、バドワイザー、マクドナルド、ステートファーム、ベティ・クロッカーなどのブランド企画ディレクターとしても活躍。社会学の博士号と統計学の修士号を持ち、米国ノースウェスタン大学メディルスクールで、統合マーケティングコミュニケーションを教えた。誰もが説得力と影響力を手にする方法を、科学的、専門的、学問的な観点を背景に伝えている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。