ゴルファーである限り「距離感」を常に養おう

プロゴルファー&フィジカルトレーナー/石渡俊彦


 ゴルファーの多くは「飛ばしたい」という欲求に駆られます。しかし“どこまでも飛ばしたい”という意識だけでは、スコアでの進歩は図れないでしょう。さすが片山晋呉プロ! と感じさせるのは「ボールを止める技術」に意識があるところです。150ヤード先のピンに向かってボールを止める、1ヤード先のカップの中にボールを止める、300ヤード先のフェアウェイにボールを止める。目的とした場所にボールを「止める」ことがスコアメイクのキーなのです。私はよく、プロのゴルフは車と一緒で「アクセル」と「ブレーキ」があるが、ハンディの多いアマチュアは船のように「ブレーキ」がないと言います。そこで武器となるのが、自分の中に“絶対”と言える距離感があるかどうか。これがあるゴルファーは明らかに強い! そして調子が悪いときでも崩れ方が小さいのです。

私の考える大切な距離とは、パターで言えば1ヤード・3ヤード・10ヤード。アプローチでは10ヤード・30ヤード、そして50ヤード。ショットでは100ヤードも武器になります。その中でも特に100%に近づけてほしいのが1ヤードのパット。言うまでもありませんが、ミスしたときホントに悔しいし、最も多く残る距離。この1ヤードに自信が持てると、ロングパットやショートアプローチの際に心理的なゆとりが生まれ、自然でいいストロークがしやすくなります。

次にアプローチですが、みなさんは練習場で何ヤードのアプローチを練習していますか? ほとんどの人は、打ち方は意識するけど距離はあまり考えていないのでは? アプローチこそ距離に対する意識をしっかりと持っていただきたい。その中でも特に身に付けてほしいのが、10ヤードの距離感。これにはさまざまな要素が含まれています。まず、パター以外のクラブにおけるインパクトの感覚が養えること。うまいプレーヤーは10ヤードもしっかりとヒットして打てます。やってみるとわかりますが“しっかり打って10ヤード”は意外と難しいもの。しかし、これができれば、30ヤードも50ヤードも攻めのアプローチが可能になります。次に打ち方ですが、30ヤード以上になると手首やひじの動きが入ってきます。しかし10ヤードであれば、複雑な動きを入れずに“上げて下ろす”といったシンプルな動きで対応でき、結果としてミスの確率が低くなります。これができると、グリーンをねらう際に「乗せなきゃ」から「グリーンのまわりにあればいいか」という心理的なゆとりが生まれ、いいスイングを引き出してくれます。

このように絶対的な信頼できる距離感は、みなさんのゴルフを大きく変えてくれることは間違いありません。毎週のように練習場で汗水流しているのに、いま一つ達成感を感じない方は、ぜひ3分の1をショートゲームの時間に費やしてください。今までとは違ったフィーリングの世界を感じることでしょう。
(石渡プロの連載は今回が最終回です。ご愛読ありがとうございました)


プロゴルファー&フィジカルトレーナー/石渡俊彦(いしわた・としひこ)
1965年千葉県生まれ。プロゴルファー&フィジカルトレーナー。けんこう寺子屋ゴルフスクール主宰。選手時代のケガの経験からプロトレーナーに。中嶋常幸プロの復活に貢献、高い評価を受ける。一方、若手育成やアマチュアのレッスンにも力を注いでいる。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT