レノボ株まで売却、崖っぷちのNEC

NECは前期の12年3月期に、1100億円の最終赤字を計上しており、1万人規模の人員削減など構造改革を急いでいる。そのうえ、業績が低迷している持ち分法適用会社、ルネサスエレクトロニクスに保証金として175億円を資金援助することが決まっている。こうした財務の悪化を補填するため、NECは資産売却などを模索していた。NECは液晶ディスプレーに関する特許の一部を台湾の鴻海精密工業に売却する交渉にも入っている。

レノボNECホールディングスの11年度国内パソコンシェアは、MM総研によると、前期0.7ポイント増の26.0%と堅調に推移しており、NEC、レノボ両社とも「株式売却後も提携関係は変わらない」としている。

ただ、提携当初から、契約には16年にNECの同意があれば、レノボが合弁会社の全株を取得できるという踏みこんだ条項まで含まれている。2社のパソコン事業の提携がどうなるか、今後の焦点となりそうだ。

◆NECの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(島田知穂 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。