レノボ株まで売却、崖っぷちのNEC

拡大
縮小

NECは前期の12年3月期に、1100億円の最終赤字を計上しており、1万人規模の人員削減など構造改革を急いでいる。そのうえ、業績が低迷している持ち分法適用会社、ルネサスエレクトロニクスに保証金として175億円を資金援助することが決まっている。こうした財務の悪化を補填するため、NECは資産売却などを模索していた。NECは液晶ディスプレーに関する特許の一部を台湾の鴻海精密工業に売却する交渉にも入っている。

レノボNECホールディングスの11年度国内パソコンシェアは、MM総研によると、前期0.7ポイント増の26.0%と堅調に推移しており、NEC、レノボ両社とも「株式売却後も提携関係は変わらない」としている。

ただ、提携当初から、契約には16年にNECの同意があれば、レノボが合弁会社の全株を取得できるという踏みこんだ条項まで含まれている。2社のパソコン事業の提携がどうなるか、今後の焦点となりそうだ。

◆NECの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(島田知穂 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT