NTTドコモ社長・加藤薫--スマホを入り口に物販まで手掛けていく

NTTドコモ社長・加藤薫--スマホを入り口に物販まで手掛けていく

モバイル通信ビジネスでは、無料通話サービスが出てきていることもあって通話料収入は減っている。データ収入はまだある程度伸びるだろうが、料金に上限を設けた定額制プランにおいてはいずれ頭打ちとなるだろう。

では、われわれは何で成長するのか?そこで考えたのがモバイルを核としつつ、多様な分野と手を組んで総合サービス業を目指すということだ。

こうした方針は私自身、社長になる前の経営企画部長の頃から考えていた。有機野菜宅配サービス会社のらでぃっしゅぼーや、音楽ソフト販売のタワーレコードの子会社化など、すでに実行に移しているものもある。

これまでの事業領域から離れたところと手を組んだので唐突感を持たれた方もいたようだが、ビジネスとしてはつながっている。たとえばドコモのスマホにはビデオや書籍などさまざまなコンテンツが取りそろえられたドコモ直営の「dマーケット」が用意されている。ビデオなどはほかのインターネットサイトでも見たり買ったりできるが、無数にあるコンテンツの中でドコモが選んだものという安心感に意味がある。アップルがアイフォーンでアプリを厳選して管理しているのと似たビジネスモデルといえるだろう。

われわれはそこからさらに物販にまでつなげていく。dマーケット経由で、お客様がらでぃっしゅぼーやの宅配サービスを受けられるといった具合だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT