NTTドコモ社長・加藤薫--スマホを入り口に物販まで手掛けていく

NTTドコモ社長・加藤薫--スマホを入り口に物販まで手掛けていく

モバイル通信ビジネスでは、無料通話サービスが出てきていることもあって通話料収入は減っている。データ収入はまだある程度伸びるだろうが、料金に上限を設けた定額制プランにおいてはいずれ頭打ちとなるだろう。

では、われわれは何で成長するのか?そこで考えたのがモバイルを核としつつ、多様な分野と手を組んで総合サービス業を目指すということだ。

こうした方針は私自身、社長になる前の経営企画部長の頃から考えていた。有機野菜宅配サービス会社のらでぃっしゅぼーや、音楽ソフト販売のタワーレコードの子会社化など、すでに実行に移しているものもある。

これまでの事業領域から離れたところと手を組んだので唐突感を持たれた方もいたようだが、ビジネスとしてはつながっている。たとえばドコモのスマホにはビデオや書籍などさまざまなコンテンツが取りそろえられたドコモ直営の「dマーケット」が用意されている。ビデオなどはほかのインターネットサイトでも見たり買ったりできるが、無数にあるコンテンツの中でドコモが選んだものという安心感に意味がある。アップルがアイフォーンでアプリを厳選して管理しているのと似たビジネスモデルといえるだろう。

われわれはそこからさらに物販にまでつなげていく。dマーケット経由で、お客様がらでぃっしゅぼーやの宅配サービスを受けられるといった具合だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。