ミネベアが、民事再生手続きを申し立てたシコーの支援に名乗り。シコーの技術力取り込み小型モーターの競争力強化

シコーのスポンサー契約締結にあたっては、ミネベアのほか韓国や台湾の企業グループなど合計4社が名乗り出た。ミネベアがスポンサーとして選定されたのは、「支援額(事業譲渡対価)が最大で、信用力も高かった」ためと、シコーの白木学社長(上写真の右)は説明する。

ミネベアとシコーは、振動モーターやファンモーターなど重複する製品を生産しているが、大きさや顧客などが少しずつ異なっている。「シコーは技術先行型の企業。(モアテック社の子会社が生産する)ボイスコイルモーターの分野などで、非常に高いシナジーが見込める。ミネベアの販売網を生かし、シコー製品の売り上げ拡大もできると考えている」(加藤木洋治・ミネベア専務=上写真の左)。

ミネベアは今後、同社が新設する100%子会社にシコーの事業を譲受し、事業再生を図る計画だ。生産面でも、フィリピンなどミネベアの海外拠点を生かす方針という。予定される事業譲渡対価は非公表。9月末をメドに詳細を詰める。

シコーの負債総額は85億0945万円(12年7月末日現在)。9月11日に上場廃止となる。

(小河 眞与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。