イオンに不当廉売、窮地に立つビール卸


こうしたジリ貧体質を脱却するには、メーカーによる支援か卸価格の値上げ、もしくは自社でのコスト削減を実施するよりほかない。が、「メーカーや小売りには頼りにくく、現実的には自社のコストを削る方法しかない」(大手食品卸幹部)。各社とも不採算取引の見直しや経営統合など経営効率化を進めるものの、「従業員の生活やサービスレベルは妥協できない中、削減できる幅が狭まってきている」(同)。

不当廉売の事実は卸が今のままでは立ちゆかないことを如実に示している。外部環境の変化が進む中、さらなる経営統合など抜本的な手を打たないかぎり、存続は難しい。

イオンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(本誌:平松さわみ、張 子溪 =週刊東洋経済2012年8月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。