私募REIT、人気上昇の理由とは

第3の不動産金融商品

公募型の上場J−REIT(不動産投資信託)、私募型の不動産ファンドに次ぐ「第3の不動産金融商品」として、私募型のREITがじわりと人気を集めている。

私募REITは、2010年11月に野村不動産が運用を始めたのを皮切りに、三菱地所と三井不動産の大手デベロッパーが相次いで参入。今年8月にはゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)が資産運用会社系として初めて私募REITを立ち上げる。

資産規模240億~300億円から運用を始めるGSAMの桐谷重毅社長は「不動産は金融機関系の投資顧問会社があまり扱っていないアセットクラスであり、ビジネスチャンスがある。私募REITはJ−REITや私募不動産ファンドにはない強みも持っている」と話す。

三菱商事系のダイヤモンド・リアルティ・マネジメントも今年夏から秋にかけて、主に商業施設や物流施設を組み入れた私募REITの立ち上げ準備を進め、三井住友トラスト不動産投資顧問も「前向きに検討中」(木村光男社長)という。

年金運用基金で好都合

私募REITが人気の理由は、J−REITや私募不動産ファンドにはない大きな利点があるからだ。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。