商業施設大手のイオンモールが、幕張に新機軸の旗艦店開業を発表、“コト消費”シフトでeコマースに対抗

メーカーとのコラボショップ出店も検討しており、「商品へのこだわりが強い“千葉都民”(東京都内に勤務する千葉県民)の消費の受け皿になる」(同)という狙いもある。

新機軸のモール戦略を打ち出した背景には、eコマース(ネット通販)の成長がある。「これまで15年間、似通ったモールばかり作ってきたが、これからの時代はただ単に買い物をするだけであればeコマースで済んでしまう。13年度に7モール、14年度に10モールと出店を加速させていく中で、体験型店舗に大きく舵を切っていく」(岡崎社長)。

流通業界でネットとリアルの融合が進む中、幕張新都心での取り組みはイオンモールにとって重要な試金石となりそうだ。

◆イオンモールの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(猪澤顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT