商業施設大手のイオンモールが、幕張に新機軸の旗艦店開業を発表、“コト消費”シフトでeコマースに対抗

メーカーとのコラボショップ出店も検討しており、「商品へのこだわりが強い“千葉都民”(東京都内に勤務する千葉県民)の消費の受け皿になる」(同)という狙いもある。

新機軸のモール戦略を打ち出した背景には、eコマース(ネット通販)の成長がある。「これまで15年間、似通ったモールばかり作ってきたが、これからの時代はただ単に買い物をするだけであればeコマースで済んでしまう。13年度に7モール、14年度に10モールと出店を加速させていく中で、体験型店舗に大きく舵を切っていく」(岡崎社長)。

流通業界でネットとリアルの融合が進む中、幕張新都心での取り組みはイオンモールにとって重要な試金石となりそうだ。

◆イオンモールの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(猪澤顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。