東芝、画像センサー事業の売却額は190億円

部門の人員1100人はソニーに転籍

 12月4日、東芝はソニーに売却するイメージセンサー事業の売却額が190億円で確定したと発表した。写真は都内の東芝本社。11月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino )

[東京 4日 ロイター] - 東芝<6502.T>は4日、ソニー<6758.T>への譲渡で合意したイメージ(画像)センサー事業の売却額が190億円で確定したと発表した。同日正式に契約を結んだ。来年3月末までに譲渡する。

東芝のイメージセンサー事業で働く人員1100人は売却に伴ってソニーに転籍する。

10月28日付で発表した半導体事業(システムLSI、ディスクリート)の構造改革の一環。同日、システムLSIとディスクリートの両部門で、早期退職優遇を来年1月から募集すると発表した。満40歳以上で10年以上の勤続の社員が対象で、来年3月末に退職する。募集人数は定めていないが、他部門への配置転換を合わせて、人員圧縮は約1200人を想定する。

これにより、システムLSI・ディスクリート事業の人員9000人は、ソニーへの転籍と早期退職・配置転換を通じて、6700人規模になる見込み。

2016年3月期業績への影響については、イメージセンサーの売却による部分は軽微という。早期退職優遇によって発生する割増退職金の影響額は、募集人数を確定した上で公表する予定。

 

 

 

(村井令二)

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。