トラック古豪の日野自動車、「我慢と成長」の新戦略

印刷
A
A

追い打ちをかけるように、いすゞも昨年11月に公表した中期経営計画で、インドネシアの生産拠点増強を表明した。タイとインドネシア両国は日野のトラック販売の約3割を占める主力市場。シェア低下はなんとしても阻止したい。

競争激化が見込まれる中、低価格化への対応は必須。日野は海外での生産拡大に大きく舵を切る。

生産体制の見直しは二つの柱がある。一つ目の柱は、周辺部品の海外シフトだ。トラック生産は大きな特徴として「多品種少量生産」が挙げられる。乗用車と違い顧客の仕様に応じた作りが求められることから、膨大な種類の部品や車型が必要となる。今までは部品のすべてを国内工場で手掛けてきたが、今後は中核部品のみを国内に残し、周辺部品をタイやインドネシア工場など海外で生産する。

たとえば、トラックに使われるリアアクスルという車軸。これまで国内で約1600種類ものリアアクスルを生産していたが、中核部品を集中生産に切り替えることで、国内生産は10種類程度で済むようになる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT