アマゾンがドローン配送の宣伝映像を公開

サービスの開始時期は未定

 11月29日、米アマゾンは宅配に使用する小型無人機「ドローン」のビデオを公開した。写真は同社の配送センター。25日撮影(2015年 ロイター/Neil Hall)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米アマゾン<AMZN.O>は29日、宅配に使用する小型無人機「ドローン」のビデオを公開した。同社は2年前に計画を発表して以来、実用化に向けて試験を続けている。サービス開始時期は明らかにしていない。

この宣伝用映像は、発注から約30分以内に、ドローンが家族のところへサッカーシューズを届けるという内容。ドローンが着陸地点に近づき、配送品を落とし、離陸するまでが収められている。

飛行可能距離は15マイル(24キロメートル)。「障害感知技術」が搭載されており、軌道上の障害物を避けることが可能だという。

配送を完了したドローンは、ヘリコプターのように400フィート(122メートル)上昇し、水平姿勢に戻って飛行機のように飛んで行くという。

ビデオでは、人気自動車番組「トップ・ギア」で長く司会者を務めたジェレミー・クラークソンが「そのうちアマゾンには、多様な環境に応じた多様なデザインのドローンがそろうことになる」とナレーションを入れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。