アマゾンがドローン配送の宣伝映像を公開

サービスの開始時期は未定

 11月29日、米アマゾンは宅配に使用する小型無人機「ドローン」のビデオを公開した。写真は同社の配送センター。25日撮影(2015年 ロイター/Neil Hall)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米アマゾン<AMZN.O>は29日、宅配に使用する小型無人機「ドローン」のビデオを公開した。同社は2年前に計画を発表して以来、実用化に向けて試験を続けている。サービス開始時期は明らかにしていない。

この宣伝用映像は、発注から約30分以内に、ドローンが家族のところへサッカーシューズを届けるという内容。ドローンが着陸地点に近づき、配送品を落とし、離陸するまでが収められている。

飛行可能距離は15マイル(24キロメートル)。「障害感知技術」が搭載されており、軌道上の障害物を避けることが可能だという。

配送を完了したドローンは、ヘリコプターのように400フィート(122メートル)上昇し、水平姿勢に戻って飛行機のように飛んで行くという。

ビデオでは、人気自動車番組「トップ・ギア」で長く司会者を務めたジェレミー・クラークソンが「そのうちアマゾンには、多様な環境に応じた多様なデザインのドローンがそろうことになる」とナレーションを入れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT