アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider−Man)--女性の活躍が世界を救う《宿輪純一のシネマ経済学》

今年はスパイダーマンがマーベル・コミックに登場して、ちょうど50年に当たる。最近でも2002年からの3部作が映画化されたが、4作目を中止して、新しいシリーズとしてリメイクすることになった。
 
 正確に言うと、シリーズにおける連続性を捨て、新たに一から仕切り直すことになり、これをリブート(Reboot)という。監督以下、出演者も刷新、入れ替わった。題名にも「アメイジング」を冠した。

今回の映画も、スパイダーマンの誕生から始まる。その誕生がより詳細に描かれ、本作は少し今までの作品とは違った形になっている。



© 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. MARVEL, and all Marvel characters including the Spider−Man character ™ & © 2012 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved

 
 主人公ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、秘密実験中のクモに噛まれたことによって特殊な強い力を得る。このクモの実験が父のものとわかり、自分の誕生の真実を求めていくことになる。
 
 ちなみに、この主人公のアンドリュー・ガーフィールドは、「フェイスブック」を描いてヒットした映画『ソーシャル・ネットワーク』で、ザッカーバーグと一緒に会社を立ち上げたサヴェリン役でブレークした。以前よりも、少し背が高いスパイダーマンである。

父の同僚であったコナーズ博士(リース・イーヴァンス)が実験を利用し、トカゲ型モンスターに変化し、対決することになる。

ピーターは、本作では、彼女グウェン(エマ・ストーン)に、スパイダーマンの真実を告白する。彼女も受け入れ、命懸けで彼を助ける。映画における女性が変貌しているのである。本作の特筆すべきポイントは、この“彼女の活躍”ではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT