アコーディアの委任状争奪戦が、株主総会目前に最終局面、議決権行使助言会社の意見表明も出そろい全面対決模様

委任状争奪戦が大詰めを迎える中、機関投資家向け株主議決権行使助言会社である、ISS(Institutional Shareholder Services)とグラスルイス(Glass,Lewis)の見解が、株主総会を前に相次ぎ明らかになった。


ISSとグラスルイスの見解は微妙に分かれる。両助言会社とも賛成を表明したのは、会社側の社内取締役候補である、鎌田隆介氏(現社長)、鈴木隆文氏(現取締役)、新野孝氏(現常務執行役員)、服部文雄氏(同)の4人、および会社側の社外取締役候補のうち、須藤修氏(弁護士)、田代祐子氏(元フェニックス・シーガイア取締役)の2人。
 
 両助言会社とも反対を表明したのは、会社側の社外取締役候補の片山典之氏(現取締役、弁護士)、株主委員会側の社外取締役である才口千晴氏(弁護士、元最高裁判事)の2人。なお、役員候補を辞退した秋本氏ら4人についてはISSは反対、グラスルイスは賛否非表明としている。

それ以外の候補者については、両助言会社で賛成と反対の表明が分かれた。賛否の分かれた候補者に絞って見ると、ISSでは会社側候補に反対し株主委員会側候補に賛成、グラスルイスでは会社側候補に賛成し株主委員会側候補に反対、という構図だ。

ISSは、会社側の社外取締役候補である片山氏ら3人について、コンプライアンス疑惑を追及すべき立場にあったにもかかわらず、それができなかったことを問題視。
 
 一方、グラスルイスは株主委員会がアコーディアの競合相手であるPGMと関係性を有することに着目し、株主委員会側の社外取締役・監査役候補者全員に反対を表明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング