マリのホテル襲撃で最低27人死亡、アルカイダ系組織が犯行声明

170人が人質に、3人死亡の情報

[バマコ 20日 ロイター] - 西アフリカのマリの首都バマコで20日、武装集団が高級ホテルを襲撃し、170人を人質にとって立てこもった。その後、治安部隊が突入し、国連当局者によると少なくとも27人が死亡したほか、武装グループの2人が殺害された。この事件でアルカイダ系武装組織「アルムラビトゥン」が犯行声明を出した。

治安関係者によると、最初の襲撃から約7時間後に事態は収束したもようだが、政府当局によると、グループの数名がなお建物の上階付近に立てこもり、特殊部隊に抵抗しているという。

襲撃されたのは市中心部にあるラディソン・ブル・ホテルで、英BBCが報じた運営会社の発表によると、宿泊客140人と従業員30人が人質になった。

治安当局筋によると、襲撃犯は10人程度で、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。

治安当局筋によると、イスラム教の聖典コーランの一節を唱えた人質は解放された。仏ルモンド紙は政府当局の話として、当初少なくとも人質3人が殺害されたと伝えた。

フランス政府筋は、ホテル内に自国民がいたと話したほか、中国の新華社は、中国人もホテル内にいると報じた。

マリでは、国際武装組織アルカイダ系のイスラム反政府勢力が2012年に北部を制圧。その後、フランスの軍事介入で奪還したが、散発的な戦闘が続いている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT