マリのホテル襲撃で最低27人死亡、アルカイダ系組織が犯行声明

170人が人質に、3人死亡の情報

[バマコ 20日 ロイター] - 西アフリカのマリの首都バマコで20日、武装集団が高級ホテルを襲撃し、170人を人質にとって立てこもった。その後、治安部隊が突入し、国連当局者によると少なくとも27人が死亡したほか、武装グループの2人が殺害された。この事件でアルカイダ系武装組織「アルムラビトゥン」が犯行声明を出した。

治安関係者によると、最初の襲撃から約7時間後に事態は収束したもようだが、政府当局によると、グループの数名がなお建物の上階付近に立てこもり、特殊部隊に抵抗しているという。

襲撃されたのは市中心部にあるラディソン・ブル・ホテルで、英BBCが報じた運営会社の発表によると、宿泊客140人と従業員30人が人質になった。

治安当局筋によると、襲撃犯は10人程度で、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。

治安当局筋によると、イスラム教の聖典コーランの一節を唱えた人質は解放された。仏ルモンド紙は政府当局の話として、当初少なくとも人質3人が殺害されたと伝えた。

フランス政府筋は、ホテル内に自国民がいたと話したほか、中国の新華社は、中国人もホテル内にいると報じた。

マリでは、国際武装組織アルカイダ系のイスラム反政府勢力が2012年に北部を制圧。その後、フランスの軍事介入で奪還したが、散発的な戦闘が続いている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。