マリのホテル襲撃で最低27人死亡、アルカイダ系組織が犯行声明

170人が人質に、3人死亡の情報

[バマコ 20日 ロイター] - 西アフリカのマリの首都バマコで20日、武装集団が高級ホテルを襲撃し、170人を人質にとって立てこもった。その後、治安部隊が突入し、国連当局者によると少なくとも27人が死亡したほか、武装グループの2人が殺害された。この事件でアルカイダ系武装組織「アルムラビトゥン」が犯行声明を出した。

治安関係者によると、最初の襲撃から約7時間後に事態は収束したもようだが、政府当局によると、グループの数名がなお建物の上階付近に立てこもり、特殊部隊に抵抗しているという。

襲撃されたのは市中心部にあるラディソン・ブル・ホテルで、英BBCが報じた運営会社の発表によると、宿泊客140人と従業員30人が人質になった。

治安当局筋によると、襲撃犯は10人程度で、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたという。

治安当局筋によると、イスラム教の聖典コーランの一節を唱えた人質は解放された。仏ルモンド紙は政府当局の話として、当初少なくとも人質3人が殺害されたと伝えた。

フランス政府筋は、ホテル内に自国民がいたと話したほか、中国の新華社は、中国人もホテル内にいると報じた。

マリでは、国際武装組織アルカイダ系のイスラム反政府勢力が2012年に北部を制圧。その後、フランスの軍事介入で奪還したが、散発的な戦闘が続いている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。