暴露本出したウッズ元キャディーの大誤算

「奴隷」の言葉に批判集中、言い訳に追われる

ゴルフ界のかつての王者ウッズと長かれ短かれともに歩み、そして別れた人はウイリアムスだけではない。ウッズのプロ転向後の初代キャディー、マイク・コーワン(通称“フラフ”)はウッズから解雇された後はジム・フューリックのキャディーを務めているが、フラフは自分をクビにしたウッズのことを一言も公の場で語ってはいない。

ウッズの元妻エリンは、離婚間もないころこそ、建てかけた豪邸を業者にブルドーザーで破壊させたりと奇怪な言動を見せたことがあったが、かつての結婚生活における元夫のあれこれを暴露したりはしていない。

絶不調だったウッズのコーチを4年間務め、昨夏に契約解消となったショーン・フォーリーも、今年5月に突然破局を迎えた元恋人のスキーヤー、リンゼイ・ボンも、自分たちが知り得たウッズに関しては沈黙を守っている。

ウッズは暴露本に対して沈黙

それならば、ウイリアムスによって暴露された当の本人ウッズはどんな反応を示しているかと言えば、元兵士たちをたたえるベテランズデイに亡き父アールへのメッセージをツイッターで発信するなど暴露本とはまったく無関係の言動しか見せておらず、それは「ウイリアムスのことなど気にも留めていない」というウッズの無言のメッセージと受け取れる。

「沈黙は力なり」がつねに正しいとは限らない。正義を信じる告発であれば話は別だが、暴露という一方的な声の上げ方が正義になることはない。あの不倫騒動後、ウッズから離れ、やはり暴露本を出した元コーチのハンク・ヘイニーは、あれからすっかり存在感が薄れてしまっている。暴露という行為は、瞬間的に注目を集めることはあっても、最終的にもたらすものは負の作用でしかない。

暴露本出版後、どんどん広まりつつある批判の声に対し、ウイリアムスはエクスキューズばかりを重ねている。

「出版したエディターには失望している。僕が“奴隷”という言葉を使ったのはたった1回なのに、まるで本のすべてが暴露のようにアピールするなんて……」

さらには「奴隷というものが決して存在しないこの世の中において、奴隷という言葉を使うときは、毎日繰り返す作業を示すためのたとえにすぎない。それに(クラブを拾い上げる作業を)奴隷のように感じたのは僕自身であって、僕が奴隷のように扱われたとは言っていない」という言い逃れぶりだ。

見苦しいぞ、ウイリアムス――その一言以外に、もはや投げかける言葉すら見つからない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?