米NYのイエローキャブに日産車が採用された理由とは

米NYのイエローキャブに日産車が採用された理由とは

日産自動車は29日、神奈川県横浜市の本社でワンボックス車「NV200」をベースとする次世代ニューヨーク市タクシーを日本で初公開した。同車種は13年10月から”ニューヨークの顔”とも言える「イエローキャブ」として運行を開始する。

日産は11年6月に発表した中期経営計画で、16年度までに世界でナンバー1の小型商用車メーカーになることを目標としており、今回のイエローキャブの採用で中計達成に弾みをつける。

ニューヨーク市は2009年5月から渋滞緩和やCO2低減を図る目的で、自動車メーカー各社に次世代タクシーの企画、開発を呼びかけた。そして11年5月、数ある候補の中から日産「NV200」が選定された。

日産車が採用されたことについて、アンディ・パーマー副社長(=写真=)は「交通渋滞緩和やCO2削減といったニーズに対し、最小の占有面積や高い燃費性能で応えることができた」と胸を張った。

現在、ニューヨークで走るイエローキャブは約1.3万台。13年10月の導入を皮切りに、順次「NV200」に入れ替えていく見込み。車の販売だけではなく、アフターサービスなどでの収益貢献も期待される。

公表された車両は広い室内空間やスライド式ドア、足元照明や電源コンセントなどを兼ね備え、幅広い乗客のニーズに応える仕様となっている。そして、観光地ニューヨークを鑑賞できるように透明の天井パネルを据え付けるなどの工夫も施された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。