勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 畑村洋太郎、吉川良三著

勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 畑村洋太郎、吉川良三著

世界最高の技術力と品質を誇り、かつて「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とまで言われた日本企業はなぜ、低迷してしまったのか。その原因を探り、グローバル時代に日本の製造業が生き残っていくための戦略を示す。

いまだに「いいものを作れば必ず売れる」と考えているだけでは、変化の急激な今の時代は生き残れないとし、世界の市場で戦うための開発プロセスや生産体制の徹底的な見直しを提案する。今後猛スピードで拡大していくだろう新興国市場への対応の仕方なども論じる。

共著者の吉川氏は元サムスン電子常務。そこでの経験を基に、世界的企業になった同社を手本にして、グローバル企業の心構えも説く。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT