勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 畑村洋太郎、吉川良三著

勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 畑村洋太郎、吉川良三著

世界最高の技術力と品質を誇り、かつて「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とまで言われた日本企業はなぜ、低迷してしまったのか。その原因を探り、グローバル時代に日本の製造業が生き残っていくための戦略を示す。

いまだに「いいものを作れば必ず売れる」と考えているだけでは、変化の急激な今の時代は生き残れないとし、世界の市場で戦うための開発プロセスや生産体制の徹底的な見直しを提案する。今後猛スピードで拡大していくだろう新興国市場への対応の仕方なども論じる。

共著者の吉川氏は元サムスン電子常務。そこでの経験を基に、世界的企業になった同社を手本にして、グローバル企業の心構えも説く。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。