東芝、異例の土曜決算発表で6年ぶり上期赤字

約束していた通期予想を出せない失態

東芝の平田上席常務は、決算発表の遅れと土曜開催について陳謝した(撮影:尾形文繁)

「例年より決算発表が遅れましたことをお詫び申し上げます。また、本日は週末にも関わらず、お集まりいただいたことに関して、心からお礼を申し上げます」―――。

一連の不適切会計問題を起こした東芝は、11月7日、2016年3月期上期の決算を発表。会見の冒頭、東芝の平田政善・上席常務は、例年であれば10月末に発表している上期決算が遅れたこと、異例の土曜日の決算会見をしたことについて陳謝。社内ではまだ混乱が続いているということを、自ら露呈した恰好となった。

2016年3月期上期(4~9月期)の決算は、売上高が前年同期比4.5%減の2兆9727億円、営業利益は前年同期の1378億円から一転、今上期は904億円の赤字に沈んだ。上期の赤字は、2010年3月期以来、6年ぶりだ。

買収したPOS事業が重荷に

全5部門のうち、営業赤字は、電力・社会インフラ、昇降機やPOS(販売時点情報管理)などのコミュニティーソリューション、家電などのライフスタイルの3部門で計上。赤字の大きな部分を占めているのが、POS事業を主体とする、子会社の東芝テックが計上した696億円という巨額の減損損失だ。2012年に買収した米IBMのPOS事業の収益が想定以上に出ず、資産価値の見直しを迫られた。

とはいえ、仮に減損が計上されていなかったとしても、200億円近くの営業赤字が残る。3部門の赤字のみならず、全部門で前年同期比減益となり、全社的に収益力が低下してしまった。

特に不安視されるのが、電子デバイス部門だ。同部門は、2015年3月期には全社の営業利益1704億円に対し、2166億円を稼ぎ出した。赤字部門をカバーしている屋台骨だ。今上期の営業利益は、388億円と黒字こそ死守したものの、前年同期の1192億円から大幅に落ち込んだ。

次ページデバイスや家電も足引っ張る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT