伝統的な商業銀行強みにアジア地域で成長を加速--三菱東京UFJ銀行頭取・平野信行

この二つが結び付くことで欧米金融機関に引けを取らないサービスが提供できる。海外の成長ではアジアが一つのドライバーになる。基本的にはオーガニックな成長で行きたい。過去3年、毎年10%を大きく超す成長をアジアで遂げてきた。今後もそれを維持、加速させていく。

ソブリン危機の中で銀行の切迫感が低下

--国内市場は貸し出しが伸びず預金が増え続けています。預金が国債投資に回り、保有残高が増え続けるリスクをどう見ていますか。

金融機関は実体経済を映す鏡だといわれる。今の日本では、家計から金融機関を経て政府セクターへ資金が流れている。われわれの国債保有は、そうした資金循環を担う役割を果たした結果でもある。幸い日本の信認は失われておらず、強いホームバイアスを持つといわれる。長期金利の上昇でリスク(保有国債の含み損拡大)が急激に顕在化することはないだろうと見ている。

ただ、日本は今後も少子高齢化が進む。従来の貯蓄超過から、貯蓄率がマイナスになるという事態がいずれ起こるだろう。国内産業の再活性化も重要で、思うように進まなければ経常収支に変調を来すかもしれない。仮にそうしたことが起きれば、将来、金利リスクが顕在化するかもしれない。したがって、そうした場合を含めて「想定外」も想定し、さまざまなシナリオを置いてシミュレーションを行い、備えもしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。