中国・香港株式市場に資金回帰の兆候

「官製相場」に投資家はなお及び腰

 10月19日、中国・香港株式市場に資金が再び流入し始めており、投資家を市場へ呼び戻そうとする当局の数カ月に及ぶ努力に結実の兆しがみえてきた。杭州の証券会社で15日撮影(2015年 ロイター)

[上海 19日 ロイター] - 中国・香港株式市場に資金が再び流入し始めており、投資家を市場へ呼び戻そうとする当局の数カ月に及ぶ努力に結実の兆しがみえてきた。

上海総合指数<.SSEC>は6月のピーク時からまだ3分の1程度下落した水準にあるものの、回復の兆候があることは間違いない。

同指数は前週、7週間ぶり高値を付け、週間では4カ月半ぶりの大幅な上げとなった。株式相場は6週間ぶりの資金流入超。16日、週間の売買高と売買代金は10日平均、100日平均を突破した。

投資家は借り入れを再開し、信用取引向け融資残高は2カ月ぶりの長期間となる6営業日連続での増加を記録。上海市場版「恐怖指数」であるHSIボラティリティ指数<.VHSI>は半年ぶり低水準となった。

「再び買い時が来た」

「再び買い時が来た」。南海基金管理(上海)のファンドマネジャー、デービッド・ダイ氏は言う。同氏は相場下落時、資産構成のうち株式の比率を10%まで引き下げていた。

同氏の2億元(3170万ドル)のポートフォリオにおける株式比率は、いまや70%に上昇。クラウドコンピューティングや衛星ナビゲーションシステム、製薬分野などに投資している。

「市場は平常に戻った。システミックリスクはいまやどこにもない」と話す。

とは言え、夏期のピーク時の規制変更や政府介入で何週間も死に体となり、多くの投資家が敬遠している株式市場に、急な回復の兆しが表れ始めたのはなぜなのか。トレーダーらは明確な理由を見出せないでいる。

アナリストの一部は、先頭に立って買いを入れているのは、景気回復を目指す政府だとみている。米国での利上げが来年にずれ込むとの観測が買いを支援した面もある。

次ページすぐに戻ってくるとは思えない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。