花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

政府推計によると、国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいる。これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に年間2億円程度の費用を充ててきた。費用の増額について、アンケートでは反対派がやや上回った。

政府推計では国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいます。
これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に、年間2億円程度の費用をかけていますが、対策費用の増額に賛成ですか、反対ですか?


(編集部 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年3月17日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。