花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

政府推計によると、国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいる。これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に年間2億円程度の費用を充ててきた。費用の増額について、アンケートでは反対派がやや上回った。

政府推計では国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいます。
これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に、年間2億円程度の費用をかけていますが、対策費用の増額に賛成ですか、反対ですか?


(編集部 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年3月17日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT