花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

花粉症対策費の増額に賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

政府推計によると、国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいる。これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に年間2億円程度の費用を充ててきた。費用の増額について、アンケートでは反対派がやや上回った。

政府推計では国民の5~6人に1人が花粉症に苦しんでいます。
これまで政府は、伐採などスギ花粉の飛散を減らす根本対策に、年間2億円程度の費用をかけていますが、対策費用の増額に賛成ですか、反対ですか?


(編集部 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2012年3月17日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT