“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“電気自動車(EV)のフロントランナー”を自負する日産自動車。12月3日から東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2011」では、その言葉を具現化する出展内容となっている。

お披露目された3つのコンセプトカーはすべてEVだ。「最新のEVコンセプト」(カルロス・ゴーン社長)と位置づける「ピボ3」は、全長わずか2.8メートル、3人乗りのコミューター。将来、駐車場に整備が想定される情報インフラ(オートマティック・バレーパーキング=AVP)と連携し、駐車場エリアでの自動走行、自動駐車が可能。スマートフォンによって車寄せまでクルマを呼び出すこともできる。クルマの情報化が進む中で、未来の人とクルマのつながりを提案する。


ピボ3

スポーツEVの「エスフロー」は、5秒以下で時速100キロメートルまで到達する加速感が最大のウリ。若い起業家をターゲットにしたEV「タウンポッド」は、商用車の実用性も兼ね備えたコンセプトカーになっている。


エスフロー


タウンポッド

「自動車メーカーが車づくりのみに集中する時代は終わった」(ゴーン社長)。展示では日産が提案する未来型スマートハウスも登場。市販前提のクルマが商用バン「NV350」だけなのは物足りないが、日産のEVビジネスの広がりを実感できるブースになっている。


未来型スマートハウス

(並木厚憲 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT