“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“電気自動車(EV)のフロントランナー”を自負する日産自動車。12月3日から東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2011」では、その言葉を具現化する出展内容となっている。

お披露目された3つのコンセプトカーはすべてEVだ。「最新のEVコンセプト」(カルロス・ゴーン社長)と位置づける「ピボ3」は、全長わずか2.8メートル、3人乗りのコミューター。将来、駐車場に整備が想定される情報インフラ(オートマティック・バレーパーキング=AVP)と連携し、駐車場エリアでの自動走行、自動駐車が可能。スマートフォンによって車寄せまでクルマを呼び出すこともできる。クルマの情報化が進む中で、未来の人とクルマのつながりを提案する。


ピボ3

スポーツEVの「エスフロー」は、5秒以下で時速100キロメートルまで到達する加速感が最大のウリ。若い起業家をターゲットにしたEV「タウンポッド」は、商用車の実用性も兼ね備えたコンセプトカーになっている。


エスフロー


タウンポッド

「自動車メーカーが車づくりのみに集中する時代は終わった」(ゴーン社長)。展示では日産が提案する未来型スマートハウスも登場。市販前提のクルマが商用バン「NV350」だけなのは物足りないが、日産のEVビジネスの広がりを実感できるブースになっている。


未来型スマートハウス

(並木厚憲 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT