“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“電気自動車(EV)のフロントランナー”を自負する日産自動車。12月3日から東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2011」では、その言葉を具現化する出展内容となっている。

お披露目された3つのコンセプトカーはすべてEVだ。「最新のEVコンセプト」(カルロス・ゴーン社長)と位置づける「ピボ3」は、全長わずか2.8メートル、3人乗りのコミューター。将来、駐車場に整備が想定される情報インフラ(オートマティック・バレーパーキング=AVP)と連携し、駐車場エリアでの自動走行、自動駐車が可能。スマートフォンによって車寄せまでクルマを呼び出すこともできる。クルマの情報化が進む中で、未来の人とクルマのつながりを提案する。


ピボ3

スポーツEVの「エスフロー」は、5秒以下で時速100キロメートルまで到達する加速感が最大のウリ。若い起業家をターゲットにしたEV「タウンポッド」は、商用車の実用性も兼ね備えたコンセプトカーになっている。


エスフロー


タウンポッド

「自動車メーカーが車づくりのみに集中する時代は終わった」(ゴーン社長)。展示では日産が提案する未来型スマートハウスも登場。市販前提のクルマが商用バン「NV350」だけなのは物足りないが、日産のEVビジネスの広がりを実感できるブースになっている。


未来型スマートハウス

(並木厚憲 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。