“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“EVのフロントランナー”日産はモーターショーで3コンセプトモデル公開

“電気自動車(EV)のフロントランナー”を自負する日産自動車。12月3日から東京ビッグサイトで一般公開される「東京モーターショー2011」では、その言葉を具現化する出展内容となっている。

お披露目された3つのコンセプトカーはすべてEVだ。「最新のEVコンセプト」(カルロス・ゴーン社長)と位置づける「ピボ3」は、全長わずか2.8メートル、3人乗りのコミューター。将来、駐車場に整備が想定される情報インフラ(オートマティック・バレーパーキング=AVP)と連携し、駐車場エリアでの自動走行、自動駐車が可能。スマートフォンによって車寄せまでクルマを呼び出すこともできる。クルマの情報化が進む中で、未来の人とクルマのつながりを提案する。


ピボ3

スポーツEVの「エスフロー」は、5秒以下で時速100キロメートルまで到達する加速感が最大のウリ。若い起業家をターゲットにしたEV「タウンポッド」は、商用車の実用性も兼ね備えたコンセプトカーになっている。


エスフロー


タウンポッド

「自動車メーカーが車づくりのみに集中する時代は終わった」(ゴーン社長)。展示では日産が提案する未来型スマートハウスも登場。市販前提のクルマが商用バン「NV350」だけなのは物足りないが、日産のEVビジネスの広がりを実感できるブースになっている。


未来型スマートハウス

(並木厚憲 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT