中国が朝鮮半島の緊張に「懸念」を表明

すべての当事者に自粛を呼び掛け

 8月21日、中国外務省は朝鮮半島の緊張が高まっていることに「深い懸念」を表明した。写真は警戒に当たる北朝鮮(右)と韓国の兵士。韓国・パジュで6月代表撮影(2015年 ロイター)

[北京 21日 ロイター] - 中国外務省は21日、朝鮮半島の緊張が高まっていることに対し「深い懸念」を表明した。

外務省の華春瑩報道官は声明で、すべての関係者に対し朝鮮半島の緊張の高まりの要因となっている行動を自粛するよう呼びかけた。

朝鮮中央通信(KCNA)によると、北朝鮮の金正恩第1書記は前線地域に「準戦時状態(quasi-state of war)」を布告。現地時間21日午後5時をもって自国軍を「完全な戦闘態勢」に置くとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。