中国が朝鮮半島の緊張に「懸念」を表明

すべての当事者に自粛を呼び掛け

 8月21日、中国外務省は朝鮮半島の緊張が高まっていることに「深い懸念」を表明した。写真は警戒に当たる北朝鮮(右)と韓国の兵士。韓国・パジュで6月代表撮影(2015年 ロイター)

[北京 21日 ロイター] - 中国外務省は21日、朝鮮半島の緊張が高まっていることに対し「深い懸念」を表明した。

外務省の華春瑩報道官は声明で、すべての関係者に対し朝鮮半島の緊張の高まりの要因となっている行動を自粛するよう呼びかけた。

朝鮮中央通信(KCNA)によると、北朝鮮の金正恩第1書記は前線地域に「準戦時状態(quasi-state of war)」を布告。現地時間21日午後5時をもって自国軍を「完全な戦闘態勢」に置くとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT