「大阪都」実現なるか、橋下知事が市長選出馬

「大阪都」実現なるか、橋下知事が市長選出馬

大阪府の橋下徹知事は、大阪市長選挙へ立候補を表明した。10月31日付で知事を辞職。11月27日に知事、市長のダブル選が行われる。

橋下氏がダブル選挙に持ち込むのは、持論の「大阪都構想」に対する民意を問うためだ。代表を務める地域政党「大阪維新の会」から知事選立候補者を出して両ポストを押さえ、構想実現の足固めを狙う。

首都東京に対し、経済、文化などあらゆる分野で対抗軸だったはずの大阪だが、「元気がなくなった」と言われて久しい。1990年に359万円だった府民1人当たり所得は2008年に300万円に減った。生活保護世帯の割合は全国一。有力企業の東京への本社移転も進んだ。

現状打破のため、都市計画や産業政策を府と市が別に行う二重行政を解消、大阪都に一本化し財源を一つにするのが都構想の骨子。同時に交通、水道など市の現業部門の民営化で経営を効率化し、大阪を再生するシナリオだ。

これに対し、再選を目指す平松邦夫市長は「市をバラバラにする」と切り捨てる。

今春の統一地方選で維新の会は府議会の過半数を占め、大阪市と堺市議会では第一党となるなど、橋下氏の人気は高い。ただその後、公務員の信賞必罰や教育改革を打ち出した「職員基本条例案」と「教育基本条例案」を提案すると、政治主導の内容に現場から批判を浴び、「独裁」「強引だ」と警戒する声も出てきた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。