1台売って4000ドル赤字を出すテスラの苦悩

GAAPでは1台当たり1万4758ドルの赤字

テスラ「モデルS」の完成車(2015年4月30日. REUTERS/Elijah Nouvelage/Files)

テスラの株価は依然として2年前に比べておよそ70%高く、1月1日のレベルに比べても8%高い。時価総額310億ドルに上るテスラは、ラムのピックアップトラックやジープのグランドチェロキーのメーカーであり、テスラよりはるかに規模が大きいフィアット・クライスラー・オートモービルズよりも価値が高いのだ。

「現在、テスラがさかんに現金を消費していることやこれからも投資を行う必要があることを考えると、いずれかの時点でテスラが資金調達を行う可能性は非常に高い」と、テスラ株を売り推奨しているUBS証券のアナリスト、コリン・ランガンは語っている。

GAAPだと1台当たり赤字は1万4758ドル

マスクはテスラの窮地を救った実績がある。2012年9月、テスラは資金繰りが逼迫したが、自社株を売り、連邦政府貸付金の返済条件の変更を交渉することにより、資金調達に成功した。モデルSの生産は2012年の半ばに始まっている。

テスラは売り上げを伸ばし、消費者がテスラ車に支払う金額を増やすための対策を講じた。モデルSの低価格バージョンを追加したほか、7月には、5000ドルでモデルS 85および85 Dの性能のアップグレードを行うことを発表し、従来モデルの価格に1万ドル上乗せした高性能車モデルS 90DとP90Dを発売した。

テスラはデトロイトの自動車メーカーと異なる方法で決算報告を行っている。GMやフォードが採用している一般に認められている会計原則であるGAAPに従うと、テスラの自動車1台当たりの営業損失は、2014年第2四半期の3794ドルから今年の第2四半期の1万4758ドルまで一貫して増加したことになる。

しかし、テスラは、投資家に対する決算報告で、同社のGAAP会計では、顧客にリースしたモデルSセダンによって得られた特定の売上高と利益を除外していると指摘している。テスラによれば、第2四半期にモデルSのリースで得られた繰延売上総利益は6190万ドルに上った。アナリストは、テスラの数字を他の自動車メーカーが使用している決算報告の数字と比較しやすくするために、繰延利益を戻し入れて比較すべきと言っている。

執筆: ジョセフ・ホワイト、ポール・リーナート
追記: ポール・リーナート、ジョセフ・ホワイト
編集: ジョセフ・ホワイト、ジョン・ピッカリング

 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT