Facebook、新しいサービスを発表

企業と顧客が直接メッセージ交換

 8月5日、米フェイスブックは企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。7月撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は5日、企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。「メッセンジャー」機能を独立したアプリにする戦略の一環とみられる。フィットビット

企業は「ニュースフィード」に表示される広告に「メッセージ送信」ボタンを置くことができ、フェイスブックのユーザーは非公開で情報を送信できる。企業はそのユーザーに非公開のメッセージを返信できる。

新サービスは、特にインド、ブラジル、インドネシアなど新興市場国の中小企業に、フェイスブックでの広告が直接売り上げ増加につながると呼び掛ける狙いがある。

広告ページには「即答(Very responsive to messages)」バッジを付けることも可能。これは90%以上のメッセージに平均5分以内に返信するというものだ。ユーザーは企業からの返信をブロックすることも可能という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。