Facebook、新しいサービスを発表

企業と顧客が直接メッセージ交換

 8月5日、米フェイスブックは企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。7月撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は5日、企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。「メッセンジャー」機能を独立したアプリにする戦略の一環とみられる。フィットビット

企業は「ニュースフィード」に表示される広告に「メッセージ送信」ボタンを置くことができ、フェイスブックのユーザーは非公開で情報を送信できる。企業はそのユーザーに非公開のメッセージを返信できる。

新サービスは、特にインド、ブラジル、インドネシアなど新興市場国の中小企業に、フェイスブックでの広告が直接売り上げ増加につながると呼び掛ける狙いがある。

広告ページには「即答(Very responsive to messages)」バッジを付けることも可能。これは90%以上のメッセージに平均5分以内に返信するというものだ。ユーザーは企業からの返信をブロックすることも可能という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。