Facebook、新しいサービスを発表

企業と顧客が直接メッセージ交換

 8月5日、米フェイスブックは企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。7月撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は5日、企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。「メッセンジャー」機能を独立したアプリにする戦略の一環とみられる。フィットビット

企業は「ニュースフィード」に表示される広告に「メッセージ送信」ボタンを置くことができ、フェイスブックのユーザーは非公開で情報を送信できる。企業はそのユーザーに非公開のメッセージを返信できる。

新サービスは、特にインド、ブラジル、インドネシアなど新興市場国の中小企業に、フェイスブックでの広告が直接売り上げ増加につながると呼び掛ける狙いがある。

広告ページには「即答(Very responsive to messages)」バッジを付けることも可能。これは90%以上のメッセージに平均5分以内に返信するというものだ。ユーザーは企業からの返信をブロックすることも可能という。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT