コメと自動車、日米反対勢力が抵抗

TPP妥結後を見越す動きも

 7月30日、TPP参加12カ国が大筋合意に向け最終局面を迎えるなか、自民党農林族による政府をけん制する動きには、妥結後の国内対策をにらむ姿勢も垣間見える。鹿児島県で8日撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - 「TPP(環太平洋連携協定)交渉の結果次第では、来年夏の参院選でしっぺ返しをくらう」──。28日からのTPP閣僚会合に先立つ22日朝、自民党本部ではTPPに慎重な自民党議員たちから、政府に対し厳しい注文が相次いだ。「会合は、近年になく盛り上がった」と、ある業界団体関係者は話す。

TPP参加12カ国が大筋合意に向け最終局面を迎えるなか、自民党農林族による政府をけん制する動きには、妥結後の国内対策をにらむ姿勢も垣間見える。

コメ輸入枠拡大規模、日米閣僚の政治決着へ

国会が聖域として守るよう決議した「重要5品目」(コメ、牛肉・豚肉、小麦、乳製品、砂糖)。その中でも特別な意味を持つのがコメ。1キロ341円の高関税を維持する代わりに、無関税の特別輸入枠を設定し、その量をめぐって大詰めの日米間交渉が続いている。

甘利TPP担当相は、米国が17万5000トンを要求し、日本側は5万トン未満と主張していることを認めたうえで、21日の会見で「足して2で割る解決策にはしたくない」と語った。月末の日米閣僚会合で、政治決着を図って一気に妥結したい意向とみられる。

仮に8万トン程度の輸入枠設定で決着した場合、年間生産量840万トンと比べると1%に満たず「壊滅的なダメージにはならない」(農業団体関係者)との見方もある。

ただ、コメの消費量は年間約8万トンずつ減少し、価格も下落しているため、甘利担当相は「輸入を拡大することは、相当なインパクトがある。市場価格にダメージを与えないよう苦労している」と日本側のスタンスを説明した。

次ページ廃業に追い込まれる養豚業者も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。