29日の東証、寄り付きの日経平均は反発

ファナックは売り気配スタート

 7月29日、寄り付きの日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。写真は日経平均の推移を示すスクリーンを眺める男性、都内の証券会社で13日撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。前日の米国株が6日ぶりに反発した流れを引き継ぎ、トヨタ<7203.T>やソニー<6758.T>など主力株を中心に買いが先行している。

一方、通期業績予想を下方修正したファナック<6954.T>や東京エレク<8035.T>は売り気配となった。気配値の切り下がりとともに指数を押し下げるとみられ、日経平均は伸び悩みが想定されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。