29日の東証、寄り付きの日経平均は反発

ファナックは売り気配スタート

 7月29日、寄り付きの日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。写真は日経平均の推移を示すスクリーンを眺める男性、都内の証券会社で13日撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。前日の米国株が6日ぶりに反発した流れを引き継ぎ、トヨタ<7203.T>やソニー<6758.T>など主力株を中心に買いが先行している。

一方、通期業績予想を下方修正したファナック<6954.T>や東京エレク<8035.T>は売り気配となった。気配値の切り下がりとともに指数を押し下げるとみられ、日経平均は伸び悩みが想定されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT