29日の東証、寄り付きの日経平均は反発

ファナックは売り気配スタート

 7月29日、寄り付きの日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。写真は日経平均の推移を示すスクリーンを眺める男性、都内の証券会社で13日撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比96円80銭高の2万0425円69銭となり、4日ぶりに反発した。前日の米国株が6日ぶりに反発した流れを引き継ぎ、トヨタ<7203.T>やソニー<6758.T>など主力株を中心に買いが先行している。

一方、通期業績予想を下方修正したファナック<6954.T>や東京エレク<8035.T>は売り気配となった。気配値の切り下がりとともに指数を押し下げるとみられ、日経平均は伸び悩みが想定されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。