GEが日本の一部金融事業を売却へ

1次入札の締切りは9月4日

 7月27日、米GEの日本の金融事業売却について、1次入札の締切りが9月4日に設定されたことが分かった。写真はGE社のロゴ。2012年5月プラハで撮影。(2015年 ロイター/ David W Cerny)

[東京 27日 ロイター] - 米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>の約5000億円に上る営業資産が対象となる日本の金融事業の売却について、1次入札の締切りが9月4日に設定され、リース会社など関係各社に概要が送付されたことが分かった。複数の関係筋が27日、ロイターに明らかにした。

関係者によると、売却対象は工作機械などのリース事業などからなり、航空機ファイナンスや不動産事業は含まない。営業資産の規模は約5000億円で、譲渡には同事業の1000人超の社員も含まれる。

買い手候補には、メガバンク系列のリース会社、三井住友信託銀行、オリックス <8591.T>などが上がっている。

GEは11月にも2次入札を行い、同月末までの最終合意を目指す考え。

ある大手行幹部は「日本という成熟したマーケットでこれだけのシェアを持つGEの事業は魅力的」と述べ、リース業界で希少な大型案件に強い関心を示している。

 

(浦中大我)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。