すね毛を「すきたい」男性たちの心理

「中間処理」に熱視線

「そってるのがバレるとばかにされる」と心配する男性も。すきカミソリは「自然な仕上がり」を求める向きに人気だ/東急ハンズ新宿店3階のメンズケア売り場で(撮影/編集部・高橋有紀)

売り場には、女子ウケをアピールしている商品も多い。パッケージには、モジャモジャのすね毛を前にした女性のイラスト。吹き出しには「ヤダー、キモーイ」とある。

が、当の男性たちはどうやら、必ずしも女性の目線だけを気にしているわけではないようだ。

若者の生活実態やマインドに詳しい電通若者研究部「ワカモン」の奈木れいさんが説明する。

「彼らは自分対他、という関係で世界を見ています。女性にモテたい、というよりも、自分にネガティブなレッテルが貼られることを嫌がるんです」

「不快感を与えない」「清潔感」は、近年の若者がこだわりを見せるキーワードだという。

都市伝説では? 無関心の男性

10~20代の男性向けファッション誌の王道「メンズノンノ」を開いてみると、「クリーン」という言葉のオンパレードだ。

「クリーン男子の間ではショートヘアが大全盛」「クリーンな着回し14days」「クリーンなシャツとヴィンテージデニムのコントラスト」「白×白のクリーンレイヤードが……」

なるほど、すねがモジャモジャなのは「クリーン」からは程遠い、ということか。

すね毛そるのってどう?と周囲の20代男子に聞いてみた。

「夏の短パンにはケアしてるほうがかっこいいよね」
 「最近気になってたから試してみようかな」

ファッション感度の高い男子が前向きな反応を示す一方で、

「まったく興味ない。都市伝説じゃないの?」
 「そんなやつと友達になれそうにない」

と拒否感を示す男子もいた。

この温度差。すね毛問題は、二極化する男子諸君の踏み絵(踏み毛?)ともなりそうだ。

ところで、男性が自身のムダ毛に厳しくなるほど、女性のムダ毛への視線も鋭くなるわけで。すね毛とともに、多少の“汚れもの”を受容する寛大な心までツルツルにそり落とさぬよう、祈るばかりである。

(編集部・高橋有紀)

※AERA2015年7月27日増大号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。