国力とは何か 経済ナショナリズムの理論と政策 中野剛志著

国力とは何か 経済ナショナリズムの理論と政策 中野剛志著

経済ナショナリズム研究を専門とする著者は、国民が団結・連帯して行動することによって生み出される力を国力(ナショナルパワー)と定義する。

今回の東日本大震災で被災した人たちを助けようとする日本人の同胞意識は、まさにナショナリズムの表れであり、それのみが、国民に復興のための負担や犠牲を納得させうると説く。今こそ、国力が必要とされているのである。

ともすると排外主義や自国中心主義と非難されるナショナリズムと、経済における国力の維持や強化を追求しようとする主張や立場である「経済ナショナリズム」の重要性、併せて国難を克服するために必要な真の国力とは何かを論じる。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。