国力とは何か 経済ナショナリズムの理論と政策 中野剛志著

国力とは何か 経済ナショナリズムの理論と政策 中野剛志著

経済ナショナリズム研究を専門とする著者は、国民が団結・連帯して行動することによって生み出される力を国力(ナショナルパワー)と定義する。

今回の東日本大震災で被災した人たちを助けようとする日本人の同胞意識は、まさにナショナリズムの表れであり、それのみが、国民に復興のための負担や犠牲を納得させうると説く。今こそ、国力が必要とされているのである。

ともすると排外主義や自国中心主義と非難されるナショナリズムと、経済における国力の維持や強化を追求しようとする主張や立場である「経済ナショナリズム」の重要性、併せて国難を克服するために必要な真の国力とは何かを論じる。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。