公平で効率的な雇用を目指すサンタクララバレー交通局

 

 

例えば市場開発部長職の場合は、(1)マーケットリサーチの経験とそのリサーチ結果の活かし方とは?(2)市場開発部長として、プロダクト・デザインに関与した経験はあるか?(3)ソーシャルメディア技術を業務執行に活用できるか?(4)屋外広告販売契約の経験はあるか?などの質問がネット上にアップされている。

10年間勤務しているラーズ・レーン氏は、「自動車修理会社で働いていたが、友人に何度も誘われ、VTAに入社した。」VTA勤続30年のロバート・マルティネス氏は「車内に通信システムを設置したりしている。この仕事に誇りを持っている」という。

組合があり、待遇も悪くないと満足気であるものの、「赤字経営のため、人員削減の傾向にあるのが難点だ」という。

2002年VTAには2766人が雇用されていたが、09年には2073人に減少。VTAの売り上げのうち、乗車券販売の比率は約11%、70%がサンタクララ郡の売上税から賄われている。環境重視、ガソリン代高騰など公共交通機関への追い風はあるものの、経営改善のため人員採用を抑える傾向はしばらく続くようだ。
(Ayako Jacobsson=東洋経済HRオンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。