公平で効率的な雇用を目指すサンタクララバレー交通局

 

 

例えば市場開発部長職の場合は、(1)マーケットリサーチの経験とそのリサーチ結果の活かし方とは?(2)市場開発部長として、プロダクト・デザインに関与した経験はあるか?(3)ソーシャルメディア技術を業務執行に活用できるか?(4)屋外広告販売契約の経験はあるか?などの質問がネット上にアップされている。

10年間勤務しているラーズ・レーン氏は、「自動車修理会社で働いていたが、友人に何度も誘われ、VTAに入社した。」VTA勤続30年のロバート・マルティネス氏は「車内に通信システムを設置したりしている。この仕事に誇りを持っている」という。

組合があり、待遇も悪くないと満足気であるものの、「赤字経営のため、人員削減の傾向にあるのが難点だ」という。

2002年VTAには2766人が雇用されていたが、09年には2073人に減少。VTAの売り上げのうち、乗車券販売の比率は約11%、70%がサンタクララ郡の売上税から賄われている。環境重視、ガソリン代高騰など公共交通機関への追い風はあるものの、経営改善のため人員採用を抑える傾向はしばらく続くようだ。
(Ayako Jacobsson=東洋経済HRオンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT