有料会員限定

サクシード代表が語る「事業承継M&A成功のカギ」 栃木銀出身の創業者、水沼啓幸氏インタビュー

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

2010年にM&A仲介のサクシードを創業した。

サクシード代表 水沼啓幸氏
水沼啓幸(みずぬま・ひろゆき)/サクシード代表。1977年栃木県生まれ。高崎経済大学卒業。法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科修了(MBA)。栃木銀行勤務を経て、2010年にサクシード創業。中小企業診断士(写真:編集部撮影)

特集「中小企業 大廃業時代の処方箋」の他の記事を読む

後継者不足や事業環境の悪化で廃業リスクが高まる日本の中小企業。一方、M&Aを契機とした業績回復や海外挑戦といった明るい動きも見られる。
『週刊東洋経済』5月25日号の特集は「中小企業 大廃業時代の処方箋」。中小企業の新たな生き方を探る。
週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年5/25号(中小企業大廃業時代の処方箋)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

中小企業を地域の資源とみて、各社の経営や事業承継を支援するのがサクシードだ。地域企業同士のM&A仲介に特化したウェブプラットフォーム「ツグナラ」を14都府県で展開。売り手側の企業が買い手を逆指名できる仕組みが特徴だ。中小企業の伴走支援にかける思いを水沼啓幸代表に聞いた。

 

──そもそもなぜ今の会社を立ち上げたのでしょうか。

地元銀行勤務時代に中小企業経営者と積極的につながったことが大きい。中小企業はいろんな課題を抱えており、地元にサポートの機能があれば必要とされるのでは。そんな仮説を立てて起業した。

地域内企業同士のM&Aにこだわる

──なぜツグナラを立ち上げたのでしょうか。

最初は家庭教師的に伴走支援していた中小企業の跡継ぎたちが社長になると、廃業する同業のM&Aの話が来たけどどうしたらいいか、と相談してくるようになった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
中小企業 大廃業時代の処方箋
沸騰する「事業承継ビジネス」 中小企業の生き方
後継者不足や事業環境悪化で高まる廃業リスク
ゾンビ企業が延命したが販売低迷、原価も高騰
コロナ関連融資の返済見通しは?事業承継は?
利上げなら負担増、メインバンクの伴走がカギ
競争激化で「すみ分け」が進む業界地図も解説
サクシード、山陰合同銀行、Jフロント...
"普通の会社員"が中小企業の経営者になれる
栃木銀出身の創業者、水沼啓幸氏インタビュー
家族経営専門コンサルのフィーモ代表に聞く
コロナ禍で打撃を受けながら危機をチャンスに
石川県は中小企業の被害額を3200億円と推計
「ゼロゼロ融資が延命させたという指摘は…」
「後継者不在率」は3割で、3年連続全国最低
日本の伝統品「帆前掛け」は世界で年間10万枚
過去10年間の設備投資額は大企業の2倍超!
同族経営は問題?ニッチトップ企業の共通点?
"取引報酬がわかりにくい" "金額が高い"
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内