ついに決勝!「THE SECOND」見所を"徹底解説" M-1やキングオブコントファイナリストも参戦

拡大
縮小
THE SECOND
『THE SECOND』番組公式サイトより引用

5月18日、結成16年以上を対象とした漫才の大会『THE SECOND~漫才トーナメント~』最終決戦「グランプリファイナル」がいよいよ開催される。

ギャロップ、マシンガンズは大活躍

昨年の第1回目で優勝を果たしたギャロップは、関西の劇場を中心に引っ張りだこになった。

コンビ20周年を記念した初の全国ツアーも成功させ、その千秋楽で毛利大亮が「漫才出番で出たときのお客さんの反応がまったく違う」と語っていたのが印象深い。吉本興業の常設劇場でトリを務める新看板を目指し、現在も邁進している。

準優勝したマシンガンズもバラエティーを中心に露出が増加。とくに滝沢秀一がSNS上に投稿した自撮り写真が「かっこいい」と評判を呼び、コンビで雑誌『anan』(マガジンハウス)のグラビアを飾ったほか、デジタル写真集『抱かれずにいられない』を発売するなど、40代後半にして華々しい再ブレークを果たしている。

まさに初回から中堅、ベテランに夢を与えた賞レースだ。それだけに今年も予選の段階から熾烈な戦いが繰り広げられている。

基本的なルールは昨年と変わらない。一般審査員である会場の観客100人が「とても面白かった:3点」「面白かった:2点」「面白くなかった:1点」で採点し、対戦するたびに勝敗が決定するネタバトルだ。

今年のファイナリストは、タモンズ、ハンジロウ、ななまがり、金属バット、ザ・パンチ、タイムマシーン3号、ガクテンソク、ラフ次元の8組。2年連続で勝ち上がったのが金属バット1組であることからも、“プロのみの大会”というハードルの高さが見て取れる。

では、今大会の見どころはどこにあるのか。初戦の組み合わせから考えてみたい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT