競合が追いつけない 高成長アップルの驚異

アップルの凄みは、現在の業績でも、“実力”を発揮していないという点。まず製品の供給不足が続いている。4月発売のアイパッド2は米国で人気爆発。決算会見でティム・クックCOOは「米国での販売があまりにも多くほかの地域への出荷を抑えざるをえなかった」と説明した。アイフォーン4も、いまだに品不足の地域が多い。

伸び盛りの中国での販売体制も未整備だ。この四半期の中国での売り上げは38億ドルに達し、日本(直営店除く)の15億ドルを上回る。しかし、「中国ではまだ完全な動きをできていない」(クックCOO)。これから直営店の整備を加速させる方針だ。

新製品も待ち受けている。20日にマック用新OS「ライオン」を発売したのを皮切りに、秋にはモバイル向けの「iOS5」やクラウドサービスの「アイクラウド」を投入。新型アイフォーンの生産に向けた準備もしている。

新製品効果で次の四半期もライバルとの差は広がるはずだ。アップルは今、敵なしの黄金期を迎えている。

(本誌:山田俊浩 =週刊東洋経済2011年8月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT