無謀な戦争の裏にあった、軍部の「特殊専門意識」 『統帥権の独立 帝国日本「暴走」の実態』書評

✎ 1〜 ✎ 101 ✎ 102 ✎ 103 ✎ 最新
拡大
縮小
『統帥権の独立 帝国日本「暴走」の実態』手嶋泰伸 著
統帥権の独立 帝国日本「暴走」の実態(手嶋泰伸 著/中公選書/1870円/248ページ)
[著者プロフィル]手嶋泰伸(てしま・やすのぶ)/龍谷大学文学部准教授。1983年生まれ。2006年東北大学卒業。11年同大学院文学研究科博士課程後期修了。専攻は日本近現代史。著者に『昭和戦時期の海軍と政治』『海軍将校たちの太平洋戦争』『日本海軍と政治』など。

歴史には謎が多い。米国との無謀な戦争になぜ踏み切ったのかは、日本近代史の大きな謎の1つだ。一般には「統帥権の独立」という制度がその原因だとされている。

明治憲法で定められた「統帥権」とは、軍を指揮する天皇大権である。当時は、軍を指揮する軍令機関の長が天皇を輔弼(ほひつ)(補佐)した。軍事は専門領域だということで、首相も関与できなかった。これが統帥権の独立である。

「特殊専門意識」の暴走

統帥権の独立の問題が近年の学界で注目されているのは、「統帥権の独立が日本を誤らせた」という説への疑義が出されているからである。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内