グーグルの自動運転車、公道で実証試験開始

マウンテンビューの公道を利用

 6月25日、米グーグルは、最新の試作車を利用した自動運転車の実証試験を米カリフォルニア州マウンテンビューの公道を利用して開始したと発表した。写真はグーグルの自動運転車。マウンテンビューで昨年5月撮影(2014年 ロイター/STEPHEN LAM)

[サンフランシスコ 25日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は25日、最新の試作車を利用した自動運転車の実証試験を米カリフォルニア州マウンテンビューの公道を利用して開始したと発表した。実験に利用している最新の試作車はこれまでの「レクサス」を利用した試作車と同じ自動運転ソフトを搭載。

自動運転機能を備えているが、取り外し可能のハンドルのほか、アクセル、ブレーキペダルも装備しており、実験は安全確保のために運転者を乗せて行っている。

グーグルによると、自動運転車の試作車による事故はこれまでに12件発生。事故の多くは自動運転車ではなく事故に関わった別の車の操作ミスによるものだったとしている。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。