グーグルの自動運転車、公道で実証試験開始

マウンテンビューの公道を利用

 6月25日、米グーグルは、最新の試作車を利用した自動運転車の実証試験を米カリフォルニア州マウンテンビューの公道を利用して開始したと発表した。写真はグーグルの自動運転車。マウンテンビューで昨年5月撮影(2014年 ロイター/STEPHEN LAM)

[サンフランシスコ 25日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は25日、最新の試作車を利用した自動運転車の実証試験を米カリフォルニア州マウンテンビューの公道を利用して開始したと発表した。実験に利用している最新の試作車はこれまでの「レクサス」を利用した試作車と同じ自動運転ソフトを搭載。

自動運転機能を備えているが、取り外し可能のハンドルのほか、アクセル、ブレーキペダルも装備しており、実験は安全確保のために運転者を乗せて行っている。

グーグルによると、自動運転車の試作車による事故はこれまでに12件発生。事故の多くは自動運転車ではなく事故に関わった別の車の操作ミスによるものだったとしている。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。