「社会貢献活動の支出額が多い」100社ランキング トップは199.0億円で2位に大きな差をつけた

✎ 1〜 ✎ 138 ✎ 139 ✎ 140 ✎ 141
拡大
縮小
1位となったトヨタ自動車の本社(写真:時事)

企業は本業の事業活動だけでなく、世の中に多く存在する社会課題を社会貢献活動で解決しようとしている。では、社会貢献に積極的な企業はどこなのか。『CSR企業総覧(ESG編)』2024年版に掲載している社会貢献活動支出額のランキングでご紹介していく。

2位以下を大きく突き放すトヨタ自動車

2022年度の社会貢献支出額トップは199.0億円でトヨタ自動車だ。同社は2011年、2013年とCSR企業ランキングトップの日本を代表する企業。2022年調査から東洋経済CSR調査への回答はないが、公開情報からデータを集め、『CSR企業総覧』に掲載している(直近の2024年CSR企業ランキングは情報開示の少なさなどから173位)。

『CSR企業総覧』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

金額は2020年度187億円、2021年度167億円と2位以下を大きく突き放す。なお数字は同社単体と主要子会社をあわせた連結ベースとなっている。

自然災害にモビリティで貢献する「トヨタ災害復旧支援(TDRS)」で車両無償貸与、平時の体験会を含む車中泊を実施。「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー」では自社社員がプログラム開発・講師を務める小学生対象の科学工作教室を1996年から継続している。

トヨタ自動車東日本(コンパクトカー製造)での雇用創出、トヨタ東日本学園での人材育成、スマートグリッド技術を活用した農商工連携事業のほか、災害に強いまちづくりへ向けた地域との連携も進めている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT