BMWが「新しいクラス」を相次いで打ち出す狙い ノイエクラッセが示す「i」とは別のBEVの世界

拡大
縮小
ノイエクラッセ(Neue Klasse)はドイツ語で「新しいクラス」を意味すると同時に、1961年に発売されたセダンの名称でもある(写真:BMW)

BMWが新しい“ファミリー”を発表して、話題を呼んでいる。その名も「ノイエクラッセ」(新しいクラス)と名付けられたバッテリー駆動の電気自動車(BEV)で、2023年9月のセダンに加えて、2024年3月にSAVが公開された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

興味深いのは、同社の姿勢。「これからのBMWを象徴」とノイエクラッセについて語る一方で、「今すぐラインナップのオール電動化をめざすものではない」とする。

ただし「来るべきときのために、やれることはすべてやっておく」と、2024年3月21日の年次総会で、BMW AG取締役のオリバー・ツィプセ会長が述べていたのは印象的だ。

この記事の画像を見る(35枚)

「ノイエクラッセ」とはどんなクルマか?

「私たちは、まもなく世界でのBEVの販売台数100万台を達成します。電動化、フルデジタル化、そしてサステナビリティの高さという、近未来の自動車における重要な3要素をシステマティックに統合したモデルを開発しました」

ビジョン・ノイエクラッセXとオリバー・ツィプセ会長(写真:BMW)
ビジョン・ノイエクラッセXとオリバー・ツィプセ会長(写真:BMW)

ツィプセ会長の言葉にあるのが、上記のノイエクラッセである。BMW言うところの“第6世代のバッテリーセル”を搭載し、エネルギー密度を上げ、一充電での航続距離30%増、充電速度も30%増をうたう。

私は、2023年のミュンヘン自動車ショーで「ビジョン・ノイエクラッセ(セダン)」、次いでポルトガルで「ビジョン・ノイエクラッセX」のジャーナリスト向けのお披露目に立ち会った。

Xとは、BMWのSAV(スポーツアクティビティビークル)の「Xシリーズ」の系譜に属することを意味している。

次ページ実車は意外とアグレッシブ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT