政倫審に5人出席、「裏金事件」に幕引き狙う自民 二階、萩生田両氏は自民の「線引き」で除外

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小

予算案は憲法の規定で、3月2日までに衆院を通過すれば、参院で採決されなくても送付後30日で自然成立する。ただ、野党側は「自然成立確定は野党の敗北で、それだけは阻止したい」(立憲幹部)としており、自民内にも「強引に事を進めると、国民の批判が拡大しかねない」(自民長老)との不安は拭えない。

このため、自民内には「参院での審議加速を条件に、3月4日の衆院通過ということで野党に花を持たせるほうが無難」(自民国対)との声も出始めている。仮に、当初予算案が自然成立の「保険」なしの日程で衆院通過となれば、安倍政権時代の2015年以来9年ぶりとなる。

岸田政権、株価史上最高値更新が“追い風”になるか…

そうした中、国会攻防を横目に、22日の東京株式市場の日経平均株価が、史上最高値を更新して終了した。終値は前日比836円52銭高の3万9098円68銭と、バブル経済ピークの1989年12月29日の大納会に記録した最高値(3万8915円87銭)を34年2カ月ぶりに更新した。

これは、支持率低迷から脱出できない岸田政権にとって、「待望久しいグッドニュース」(官邸筋)だ。これからヤマ場を迎える春闘での賃上げも「中小企業も含めて近年の最高レベルとなることは間違いない」(有力経済アナリスト)とみられており、国会での与野党攻防が与党主導での展開になれば、「岸田首相の求心力が回復、国会会期末の衆院解散断行も視野に入ってくる」(官邸筋)ことも想定される。

泉 宏 政治ジャーナリスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いずみ ひろし / Hiroshi Izumi

1947年生まれ。時事通信社政治部記者として田中角栄首相の総理番で取材活動を始めて以来40年以上、永田町・霞が関で政治を見続けている。時事通信社政治部長、同社取締役編集担当を経て2009年から現職。幼少時から都心部に住み、半世紀以上も国会周辺を徘徊してきた。「生涯一記者」がモットー。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT