米アパートでバルコニー崩落、アイルランド人学生ら6人死亡

アイルランド人学生ら6人が死亡

 6月16日、米カリフォルニア州バークレーでアパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。写真はクレーンで吊り上げられるバルコニー(2015年 ロイター/ELIJAH NOUVELAGE)

[バークレー(米カリフォルニア州) 16日 ロイター] - 米カリフォルニア州バークレーで16日、アパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。地元警察などが明らかにした。

死亡した学生らは友人の21歳の誕生日を祝っていたという。地元警察やアイルランド政府によると、学生らは夏季休暇を利用して米国を訪れ、ワーキングビザでサンフランシスコのベイエリアで働いていた。

現場のアパートはカリフォルニア大学バークレー校の近く。事故当時、道路から約12メートルの高さにあったバルコニーには13人がいたとみられている。地元警察は事件性はないとしている。

アイルランドのケニー首相は、死亡した学生の家族らに哀悼の意をささげ、フラナガン同国外相は「恐ろしい話だ。誕生日会が一瞬にして悲劇に変わってしまった」とコメントした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。