米アパートでバルコニー崩落、アイルランド人学生ら6人死亡

アイルランド人学生ら6人が死亡

 6月16日、米カリフォルニア州バークレーでアパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。写真はクレーンで吊り上げられるバルコニー(2015年 ロイター/ELIJAH NOUVELAGE)

[バークレー(米カリフォルニア州) 16日 ロイター] - 米カリフォルニア州バークレーで16日、アパートの4階部分のバルコニーが崩落し、アイルランド人の学生5人を含む6人が死亡、7人が負傷した。地元警察などが明らかにした。

死亡した学生らは友人の21歳の誕生日を祝っていたという。地元警察やアイルランド政府によると、学生らは夏季休暇を利用して米国を訪れ、ワーキングビザでサンフランシスコのベイエリアで働いていた。

現場のアパートはカリフォルニア大学バークレー校の近く。事故当時、道路から約12メートルの高さにあったバルコニーには13人がいたとみられている。地元警察は事件性はないとしている。

アイルランドのケニー首相は、死亡した学生の家族らに哀悼の意をささげ、フラナガン同国外相は「恐ろしい話だ。誕生日会が一瞬にして悲劇に変わってしまった」とコメントした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT