バルミューダとツインバード「トースター」比較 トレンドは総菜パンを温め直す「リベイク」

拡大
縮小
テイクアウト商品の温め直しレベル向上が求められる中、「リベイク」機能を追加したトースターが登場している。左がバルミューダ「ReBaker」、右がツインバード「匠ブランジェトースター」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

スチーム機能や繊細な温度制御を利用し、美味しくパンを焼き上げる高級トースター。その先駆者となったのは、スチーム加熱を採用したことで注目を集めた2015年発売のバルミューダ「BALMUDA The Toaster」だ。それから2万円台以上の高級トースターが次々に発売されたが、現在は高級トースターブームも落ち着きつつある。

「リベイク」機能を追加した最新トースター

長らく高級トースターブームを牽引してきたバルミューダは、その最大の特徴であったスチーム機能を省略した「ReBaker」を2月1日に発売した。現行販売中の「BALMUDA The Toaster」は実売価格が2万9700円、「BALMUDA The Toaster Pro」は3万7400円と高価であるが、「ReBaker」は2万4200円と価格を下げ、購入しやすい価格帯に設定されている。これまではスチームを利用し、主にトーストの仕上がりに焦点を当てていたが、「ReBaker」はスチーム機能がない。その代わりに温度制御などを一から見直したため、「BALMUDA The Toaster」よりもリベイク、温め直しが得意なトースターだという。

また、ツインバードは2023年11月に匠プレミアムラインの新製品「匠ブランジェトースター(TS-D486B)」を実売価格2万5800円で発売している。こちらもクロワッサンなどのパンのリベイクに力を入れて消費者にアプローチをしている。

Uberなどの配送サービスが定着し、フライや天ぷらなどの総菜を取り寄せる機会が増えている。有名店で買ったパンを自宅で温めて食べる人もいるだろう。温め直しレベル向上が求められる中、「リベイク」機能を追加したトースターが注目されている。

次ページ惣菜パンからフライ、天ぷらまで
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT