部品会社が「キャンピングカー」に参入する真意 サスペンションだけじゃなく車体販売も目論む

拡大
縮小
カヤバが東京オートサロン2024に出展した「キャンピングカーコンセプト2024 TASバージョン」。ベースはフィアットのデュカトがベース
カヤバが東京オートサロン2024に出展した「キャンピングカーコンセプト2024 TASバージョン」。ベースはフィアットのデュカトとなる(筆者撮影)

近年のアウトドアブームも追い風となり、成長を続けるキャンピングカー業界。近年は、異業種からの参入も目立っているが、自動車やオートバイのサスペンションなどの製造を手がける部品メーカー「カヤバ(KYB)」も、そんな企業のひとつだ。同社は、現在、イタリアのフィアットが製造する商用バン「デュカト(DUCATO)」をベースにしたキャンピングカー専用のサスペンションを開発中。それに加え、キャンピングカー本体の製造も計画しており、2025年度の発売を目指しているという。

この記事の画像を見る(48枚)

従来にない新しいキャンピングカー作りを目指す

キャンピングカーコンセプト2024 TASバージョンのリアビュー
キャンピングカーコンセプト2024 TASバージョンのリアビュー(筆者撮影)

そんなカヤバが世界的なカスタマイズカー展示会「東京オートサロン2024(2024年1月12~14日・幕張メッセ)」に、最新のコンセプトカーを出展した。展示車は、デュカト・ベースのキャンピングカー。創業88年以上の歴史を持つ同社が、長年培った足まわりに関する技術力を注入した開発中のサスペンションを搭載し、従来にない新しいキャンピングカー作りを目指しているという。

ここでは、カヤバが手がけている新型サスペンションの概要をはじめ、将来的にどういったキャンピングカーをリリース予定なのかなど、老舗部品メーカーの新たな挑戦について紹介する。

次ページなぜカヤバがキャンピングカー業界に参入するのか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT