日産が元トヨタ幹部を副社長に据える狙い

トヨタ出身者の役員就任は初めて

5月の決算会見では、世界シェア8%の達成に向けて「正しい道を歩んでいる」と語っていたカルロス・ゴーン社長(撮影:大澤誠)

「自動車業界は人材の奪い合いが起きている」。昨年12月、日産自動車の経営幹部の流出が相次いでいたことに対し、カルロス・ゴーン社長は「最近、誰か辞めた人はいましたっけ?」と冗談交じりに話しながら、こうも答えていた。

そして今回、「確かな実績を持つ、優秀な自動車業界の幹部」(ゴーン社長)として元トヨタ幹部を引き入れる。日産は6月3日、トヨタ自動車の欧州法人の元幹部、ダニエル・シラチ氏(50歳)が7月15日付けで副社長に就任する人事を発表した。

最高意志決定機関のメンバーに

トヨタ出身者が日産本体の役員に就くのは今回が初めて。また、最高意志決定機関であるエグゼクティブ・コミッティ(EC)のメンバーにも入る。日産でのキャリアがなく、他社から転身した幹部がいきなりECメンバーに就任するのも異例のことだ。

トヨタから転身し、7月に日産副社長に就任予定のダニエル・シラチ氏

シラチ氏はイタリア生まれ。母国語だけでなく、フランス語、英語、スペイン語も堪能。1993年にルノーに入社し、セールスマネジャーとして、自動車業界でのキャリアをスタート。2001年にはフィアットに転じ、イタリアのアルファロメオブランドを統括した。

2002年にはトヨタの欧州法人に転じ、欧州市場開発やレクサス事業を担当。2012年からは欧州法人の副社長を務めていた。シラチ氏はこれまでのキャリアを活かす形で、日産ではグローバルでのマーケティングとセールスを中心に担当する。

次ページ昨年は幹部人材が流出
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。